IDC7日目。ラストスパート!(´Д`)

サイトのサーバー移管に伴い、ブログの更新が遅くなり申し訳ございませんでした。

はいさい(^_-)-☆

IDC7日目のブログはナベがお送りします。

昨日のIDCはこんな感じで進んでいきました。

最初の講義はひひ~ん先生によるDMカリキュラムです。

規準や構成、理念、目的、価値等、トレーニングの組み立て方を学んでいきます。

PADI教材を使い講義が進んでいきます。

画面を見つめる、オグチャンとPさん。

まだまだ講義は続きます。

お次は【 リスクマネージメント 】の授業です。

サム先生より実際に起こった事例のお話や対処方法についてはもちろん、PADIダイバーとしての行動規範や事務手続き、賠償保険や傷害保険について話が進みます。

事務手続きの書類を目の前にして学んでいきます。

さらに講義は続き、RDPの使い方講座です。

RDPテーブルやRDPMLを操作して理解を深めていきます。

説明書を熟読したり……

問題を解いてみたり……

RDPは試験本番でも出題されるのでしっかり覚えていきましょう。

サム先生よりテーブルを使用した賢い使い方も学びます。

この方法を使ってダイビングプランを立てると、今までの10分の1の時間で計画が立てられます。(^_^)

午前中の講義はいったんここまで。

午後からはお待ちかねの海洋実習です。

早速いってみよぅ。

出港直後の2人。

ダイブポイントに到着したら早速海洋プレゼンから。

エントリー前にブリーフィングを行います。

ブリーフィングで伝えるべきポイントをきちんと伝えているかどうか?伝達事項に抜け漏れはないか?

サム先生、ひひ~ん先生のチェックが入ります。

そして石垣の海へエントリィィィーーーー

(海洋プレゼンの様子の写真はございません。ご了承くださいませ。<(_ _)>)

水中、水面での海洋プレゼンテーションが終わったら一旦船に上がってデブリーフィングを行います。

ここが良かったよ、でもね……と進めていきます。

そして、海洋での対処の成果、デブリーフィングでの対応等、プレゼンテーションを通して厳しいチェックが入入っています。

あれ、サム先生、ドライスーツ着用していたような(笑)、濡れてる?

12月の海水温を体感してきました。

 

合格か不合格かドキドキですが、本番のインストラクター試験はもっとドキドキしますよ。

続いての海洋実習はリフトバックの使い方です。オクトパスを使い何回かに分けて浮力を確認しながら慎重に空気を入れていきます。

う、浮いた~。

このスキルを覚えておくと重い物が楽に水面まで引き上げる事が可能になります。

ちなみに写真のリフトバックは20キロまで持ち上げる事が出来ます。

リフトバックなしでダイバーが20キロの重量物を水面まで運ぼうとしたらどうなるか?

どうなるか気になる人は実際に石垣の海でチャレンジしてみよぅ。

そして、お次は毎度おなじみレスキュー評価でございます。

マウス  to  マウス & マウス  to  ポケットマスク でスキルを行います。

本日の実習はここまで。

お店に戻ったら5科目を黙々と解いていく二人でした。

週末、土曜日・日曜日が本番です。あと少し

お疲れさまでした。

 

2016年12月15日 5:01 PM  カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です